FIT終了・出口戦略・2019年問題

FIT終了後の自家消費に廃車EVを使うアイデア

FIT終了後の自家消費に廃車EVを使うアイデア

FITが終了する住宅用太陽光は1年後に出てきますが、まともに自家消費するための蓄電システムがなかなか出てきません。
まだまだコストと蓄電容量が不十分だと思います。
そんな中で少し気になるのが、ニチコンが今年の9月に発表したV2Hシステムです。

FIT終了後、電力会社による「電気タダ取り」に法的な問題はないのか?

FIT終了後、電力会社による「電気タダ取り」に法的な問題はないのか?

2019年の11月から固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了する太陽光発電所が出てくる、いわゆる「2019年問題」ですが、FIT終了後に新たな買取契約をしない限り、余剰電力は電力会社に無償で提供(タダ取り)される可能性が高いと思われます。