スマートメーターBルートの通信に挑戦(その3)

前回 の続きです。

とりあえずスマメのBルートにアクセスするためのハードウェアの準備ができたので、自宅のスマメにアクセスしてみました。

まず、USBシリアル変換基板とPCをUSBで接続します。

WiSunModuleBoard2.jpg
 

PCでは、ターミナルソフトのTera Term を使用します。

そして、ロームのWi-SUNサポートページ からダウンロードした「Wi-SUN Bルート スクリプト」を、東京電力から送られてきたBルートのIDとパスワードで書き換えて、Tera Termで実行してみました。

「アクティブスキャン」が実行されると、チャンネル番号やアドレスなどが取得できるので、その値でまたスクリプトを書き換えて、再度Tera Termで実行しました。

最初、どこまで書き換えればいいのか良く分からなかったのですが、何度か試行錯誤したところ、「PANA認証」というBルートにアクセスするための認証まで行うことができました。

WiSun初期通信
 
実際にはもっと"EVENT"が多くでてきましたが、見にくいので削ってあります。

下から3行目の"EVENT25"が、PANA認証の接続完了のメッセージです。

この後は、「ECHONET Lite」の仕様に従って通信を行えば、電力量のデータなどが取得できるはずですが、Tera Termではやりにくいので、簡単なソフトウェアを作って確認しようと思っています。

ただし、ちょっと「ECHONET Lite」の勉強をする必要がありそうです。
少し時間がかかるかもしれません・・・