野立て太陽光発電所の維持費をいかに安くするか

売電価格が安くなってくると、相対的に売電収入に対する維持費の割合が大きくなってくるので、最終的な儲けを少しでも増やすためには、できるだけ維持費を少なくすることが重要になってくると思います。

発電所の維持費は、それぞれの発電所の状況によって変わってくるので、一概に決めることはできませんが、前回のブログ
売電価格が18円/kWhになった時の儲けを計算してみた
では、このようにしていました。

売電価格18円試算1

この表の維持費の中で大きいのは、

・固定資産税(設備)
・維持管理費
・設備修繕、交換

の3つです。

固定資産税(設備)は、パネルやパワコンなどの償却資産にかかる固定資産税です。
設備が安ければ安くなりますが、とりあえず、ここでは考えないことにします。

維持管理費は、維持費を減らすポイントになりそうです。
上の例では年間15万円にしてありますが、内訳はこのような感じです。

・通信費・・・年間1万円
・電気代・・・年間1万円
・除草代・・・年間1万円
・交通費・・・年間12万円

通信費は、遠隔監視装置の通信料で、月額800円位を想定しています。
使用する遠隔監視装置で費用が決まっている場合は、それに従うしかありませんが、自分でSIMカードを選べる場合は、もっと安くできそうです。
例えば、So-netの0SIM(ゼロシム) を使って、通信量を一カ月500MB以内に抑えれば、通信費は無料になります。(ただしユニバーサルサービス料はかかる)
ネットワークカメラを使う場合など、データ量が月500MB以上になる場合は、格安SIMの追加SIMを使えば、月500円程度にすることが可能です。

電気代は、パワコンや遠隔監視装置の電気代ですが、重量電灯契約の最低料金で済めば、もっと安くなります。
東京電力の従量電灯Aの場合、現在の最低料金は8kWhまで231.55円ですが、燃料費調整額と口座振替割引の分を引くと、175円程度になります。これだと年間で2000円程度です。
ただし、電気代は今後変わる可能性もあるので、多少の余裕は見ておいたほうがいいかもしれません。

除草代は、雑草対策の費用です。
ここでは除草剤の散布を年に2~3回行うことを想定していますが、ホームセンターの格安の除草剤を使えば、1回分で1000円もかからないので、噴霧器の電池代を入れても年間5000円以下で済むと思います。
ただし、除草剤の散布は夏の炎天下に行う場合が多いので、将来的には別の方法に変更することも想定しておいた方がいいかもしれません。
除草代も20年間で考えると、ある程度の余裕は見ておいたほうがいいと思います。

交通費は、現地までのガソリン代や高速代です。
1カ月1万円で年間12万円にしてありますが、高速を使わないとか、現地に行く回数を減らせば、削減は可能だと思います。
実際、発電所が稼働して落ち着いてしまえば、現地に行くのは雑草対策ぐらいだと思います。
年に3~4回程度、高速を使わずに行けば、大幅に削減することができそうです。

ざっとこのように考えれば、維持管理費は年間5万円程度でもよさそうな気がします。

ここでは、発電設備のパネルや電気的な点検などは入れてありません。
施工会社が数年ごとに点検してくれる場合が多いですが、それがない場合は、別途費用を用意しておいた方がいいかもしれません。

もう1つ、費用の大きいものが、設備の修繕・交換費用です。
ここではパワコンを1回交換することを想定していますが、一般的にパワコンの寿命は10~15年程度のようなので、保証期間が20年未満なら、FIT期間中の交換を想定しておく必要があると思います。
パワコン1台20万円とすると、9台の場合は180万円になります。
パワコン以外(パネルなど)が壊れた場合や、電力メーターの交換費用なども想定すると、200万円程度は用意しておく必要がありそうです。

SMAのパワコンのように、20年の延長保証が用意されている場合は、それを利用すれば、修繕・交換費を少なくできそうです。
ただし、初期費用が上がる可能性があるので、費用を総合的に考える必要があります。
また、保証の内容は要確認だと思います。
製造起因以外の故障、作業員の派遣費用はどうなるか、など。
また、20年後、パワコンをどうするかは、別途考える必要があります。

上の金額で、維持管理費を年間5万円にすると、20年で100万円なので、
20年間の利益は804万円、年平均40.2万円、平均利回りは2.48%になります。

さらに、設備修繕・交換費を50万円にした場合は、
20年間の利益は954万円、年平均47.7万円、平均利回りは2.94%になります。

太陽光発電所の維持費は、工夫次第である程度は減らすことができると思います。
ただし、将来的なことも考慮する必要がありそうです。
今は安くできても、将来もその値段でできるか、将来もその作業が可能か、など。

それにしても、何かいい雑草対策はないですかね・・