いい土地があったのですが、買うのはやめました

面積がおよそ1000㎡で道路付けがよく、ほぼ南向きで日当たりが良く、更地で造成もほとんど必要なさそうで、高圧線が近くまで来ている。

値段は太陽光用地の相場より少し安い。

そんな、低圧太陽光にぴったりの土地があったのですが、買うのはやめました。

土地イメージ写真
(写真は本文とは関係ありません)

理由は、「固定資産税」です。

登記簿を見ると地目が「宅地」だったので、ちょっとイヤな感じがしたのですが、役所に行って固定資産税の評価額を聞くと、

1㎡当たり約9000円

でした。

その地域の太陽光用地の固定資産税の税額は、

固定資産税評価額×70%×1.4%

なので、

9000×0.7×0.014=88.2円/㎡

です。

1000㎡の固定資産税は、88200円です。

今後、評価額が変わらないとすると、20年間で176万円です。

ちょっと大きいですね・・

年間9万円弱なので、とりあえずFITの期間中は何とかなるとしても、FITの期間が終了した後が辛くなるような気がします。

今後、評価額が下がる可能性はあるかもしれませんが、何とも言えないと思います。

ということで、残念ながら、この土地はあきらめました。