パナソニックの太陽光発電シミュレーターが結構便利かもしれない

太陽光発電所の発電量をシミュレーションするツールは、ネット上にいくつか公開されていますが、パナソニックのサイトにあるものを紹介します。

Panasonic 太陽光発電シミュレーター

すでに利用されている方もいるかもしれませんが、必要最低限の設定で簡単に使えるのがいいと思います。

サイトを開くと設定画面が出てくるので、必要項目を入力します。

Panasonic発電量シミュレーション設定
 
「太陽電池モジュール設置形態」は、野立ての場合は、「屋根開放型(架台設置型)」でいいと思います。

必須の項目を入力したら、下にある「シミュレーション開始」のボタンを押すと、シミュレーション結果が表示されます。

Panasonic発電量シミュレーション結果
 
実にシンプルで分かりやすいと思います。

細かい補正値の設定などはできませんが、とりあえず発電量の目安が知りたい場合にはいいと思います。

ただし、1つ重要な欠点があります。

このシミュレーターは、過積載のピークカットに対応していないと思われます。

過積載率が120%(60kW)程度なら、あまり気にする必要はないと思いますが、それ以上の場合は考慮した方がいいと思います。

参考までに、以前、NEDOの日射量データ(METPV-11)を使って、特定の条件で計算した年間のピークカット率は、こんな感じです。

ピークカット率(一例)
 
ピークカット率は、日射量やパネルの角度などによって多少変わってきますが、大体の目安にはなると思います。

70kWで2~3%程度
80kWで5~6%程度
90kWで8~9%程度
100kWで10~12%程度

といった具合なので、シミュレーション結果の年間予測発電量からこのピークカット分を減らせば、実際の発電量により近い値になると思います。