九州電力の再エネ出力制御は常態化か?

九州電力は先週末に続き、今週末も再エネの出力制御を実施しようとしているようです。

九州電力出力制御見通し20181018
再生可能エネルギー出力制御見通し

もう九州電力は、春と秋の毎週末、晴れたら再エネの出力制御を実施するのではないでしょうか。

「出力制御」という安易な手段を手に入れてしまったことで、蓄電や送電の容量を拡大するといった本来目指すべき方向から遠ざかってしまうことが懸念されます。

九電に続いて四電も近々実施されると思われます。
その次は中国電力でしょうか。
実施エリアが増えてくると、域外送電も厳しくなるかもしれません。

「再エネの主力電源化」が口先だけでないことを願います。