金属屋根は軒先が劣化しやすい?

ガルバリウム鋼板などの金属屋根ですが、軒先の部分が気になっています。

スレートの屋根の場合は、このように屋根材の端がそのまま軒先に出ています。

軒先施工方法スレート
ケイミュー株式会社 設計施工マニュアル

一方、金属屋根の場合は、このように唐草板金に屋根材(本体)の端を引っ掛けるのが一般的な施工方法になっています。

軒先施工方法金属屋根
アイジールーフ施工説明書

気になるのは、唐草板金の内側に水が溜まってしまうのではないか?ということです。
水色を付けた部分です。

軒先施工方法金属屋根2
 
どしゃ降りの雨で屋根材の隙間から入った水や、結露によって発生した水が、屋根の傾斜でこの軒先の部分に溜まるような気がします。
一応、アイジー工業の唐草板金には水抜き穴があるようですが、小さい穴なのでゴミが詰まったりして流れなくなることが予想されます。
この部分は上部が屋根材で覆われているので、乾燥しにくい場所だと思います。
板金の劣化が早まりそうです。
さらに、溜まった水が板金のつなぎ目の隙間や、防水シート(下葺き材)の下に入り込むと、いずれ野地板に侵入して腐らせてしまうのではないでしょうか。

木造住宅の金属屋根は最近増えてきているようですが、どうなのでしょう?