除草剤の噴霧器のノズルを泡ノズルと交換

第2発電所はすぐ近くに畑があります。
そこで、除草剤のドリフト(飛散)を防止するため、噴霧器のノズルを「泡ノズル」と交換してみました。

現在使用している噴霧器は、5リットルの乾電池で動くタイプです。

噴霧器
 
工進のGT-5S で、3年前にカインズで5000円ほどで購入したものです。
 
メーカーのホームページを見る限り、正式には、この噴霧器に泡ノズルを取り付けることはできないようですが、サイズ的に合いそうなので、付けてみることにしました。

噴霧器に元々付いているノズルはこのような霧を出すタイプです。

噴霧器ノズル交換前1
 

ノズルは単にねじ込んであるだけなので、回せば外すことができます。

噴霧器ノズル交換前2
 

今回取り付けた泡ノズルは、工進のPA-103 です。

噴霧器泡ノズル
 
出口には小さな穴があります。

噴霧器泡ノズル出口
 

これを噴霧器の先端にねじ込むと、あっけなく付いてしまいました。

噴霧器ノズル交換後
 

実際に除草剤を散布してみましたが、問題なく使えています。

除草剤散布泡ノズル
 
泡ノズルのメリットとして、ドリフト(飛散)しにくくなるだけでなく、上の写真のように散布した状況が分かりやすくなるのと、除草剤が葉の上で流れにくくなるので、除草効果の向上も期待できそうです。