新電力にするとBルートサービスの申し込みができなくなる?

今まであまり気にしていなかったのですが、電気の契約を新電力に切り替えると、スマートメーターの情報発信サービス(Bルートサービス)の申し込みができなくなるのでしょうか?

これは東京電力のBルートサービスの申し込みについてのページです。

TEPCO電力メーター情報発信サービスについて
TEPCO 電力メーター情報発信サービス(Bルートサービス)について

申し込みの対象は以下のようになっています。

・当社と下記<対象となるご契約種別>にてご契約いただいているお客さま
<対象となるご契約種別>※平成27年7月1日現在
・従量電灯A、B、C
・公衆街路灯B
・低圧電力
・おトクなナイト8、おトクなナイト10
・電化上手
・ピークシフトプラン
・朝得プラン、夜得プラン、半日お得プラン、土日お得プラン
・おまとめプラン(低圧高負荷契約)

つまり、電気の購入先を新電力に変えた人は、対象外になってしまいます。
関西電力のサイトも見てみましたが、同様に関西電力と契約している人が対象になっています。
これも大手電力(一般送配電事業者)の囲い込みの一環でしょうか?

新電力でHEMSを使う場合などは、新電力がBルートサービスの代行申請をしてくれるようですが、その場合、ユーザーがBルートを自由に使えるようになるのかは不明です。
BルートのIDとパスワードをどう管理するかなど、新電力次第ではないでしょうか。

いずれにせよ、スマートメーターのBルートを自由に使いたい場合は、新電力への切り替えは慎重になった方がよさそうな気がします。