東電の「検針票Web化」はセキュリティ的にどうなのか?

先日、東電からこんなハガキが送られてきました。

検針票Web化
 

検針票を郵送している所から順次進めているようですが、11月分から紙の検針票は届かなくなるようです。

おそらく大きな方向性としては、スマートメーターで検針を自動化して、その結果をWebに反映させるようにして、紙も人も不要にしていくのだと思います。

この検針票のWebサイト はもう稼働しているようなので、ちょっと見てみたのですが、

まずは、めんどくさい。

閲覧する度に、これだけ入力する必要があります。

検針票Web入力画面
東京電力 検針票Webサイト

郵便番号を入れれば、住所の途中までは自動的に入りますが、番地や契約者の名義や電話番号はいちいち入力する必要があります。

登録作業がない代りに、毎回手間がかかる仕様です。

一方、手間がかかる割には、セキュリティ的にどうなのか? という気もします。

第三者でも、住所、氏名、電話番号を知っている家なら、お客様番号を何らかの方法で入手すれば、過去2年分の検針票を手に入れることができます。

そもそも、電気の検針票はどれほど重要な書類か?
といった点は賛否あるかもしれませんが、公的な機関でも本人確認書類の1つとして使える場合があるので、ある程度の重要性はあるように思います。

この世の中、悪い人はいくらでもいるので、今後、この検針票を悪用する人が出てきそうな気がします。