ブログサイトの引越しとhugoの導入をしました

当ブログも始めてからかれこれ4年近くになります。
これまでfc2ブログを利用してきましたが、普通のレンタルサーバーに引越しすることにしました。

ブログサイトを引越しする一番の理由は、データを自前で管理したいからです。
ほとんど価値がないと思われる記事も結構ありますが、それなりに今後も役に立ちそうな記事もあります。
どんな会社であれ、突然サービスが使えなくなるリスクは0ではないご時世なので、今回引越しを決めました。

普通のレンタルサーバーでブログをやる場合は、WordPress を使うのがデファクトのようなので、とりあえず長い物には巻かれろ的な考えでWordPressを使おうと思っていたのですが、
 
WordPressSite
https://ja.wordpress.org/

実際にサーバーにWordPressをインストールして、いろいろいじり始めると、
お世辞にも使いやすいとは思えません。
編集画面が重くてカッタるい。
サイトの閲覧もちょっと重い。
それに気になったのは、記事のデータが完全にサーバーに組み込まれてしまうので、何らかの不具合でどこかに不整合が起きると、かなり面倒なことになりそうです。
さらに、WordPressを使うと、WordPress.ORGに依存してしまうことになります。
検索すると、WordPressの頻繁なアップデートに振り回されるといった記事も散見されます。

ということで、WordPressを見切って、「静的サイトジェネレーター」を使うことにしました。

WordPressはWebサイトのデータをサーバーが動的に生成しますが(だから重い)、静的サイトジェネレーターを使えば、あらかじめWebサイトのデータを生成しておくので、サーバーの負荷は非常に小さくなって閲覧のレスポンスも格段に良くなるはずです。
データの扱いもシンプルになるので、何かトラブルがあっても対応は簡単だと思います。

静的サイトジェネレーターはいろいろ出ているようですが、日本の利用者が多くてなるべく簡単そうなhugo を使うことにしました。

hugoSite
https://gohugo.io/

hugoの使い方はまだ試行錯誤中ですが、とりあえず何とか引越しできました。
それにしてもレスポンスの良さはさすが静的サイトだと思います。

検索すると、やはりWordPress離れはそれなりにあるようですね。
静的サイトジェネレーターはまだ発展途上だと思いますが、今後利用者が増えていきそうな予感がします。

今回行った引越しの具体的な作業については、後日書きたいと思います。
 
 
関連記事
静的サイトジェネレーター"hugo"をWindowsで使う時の最初の手順