夜発電できる「夜間光電池」って何だ?

これと太陽電池を組み合わせると、昼夜問わず24時間発電できるようになると期待されているようです。

NewsWeek日本版 (2020/2/18)
夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

夜間光電池
NewsWeek日本版

米カリフォルニア大学デービス校(UCD)のジェレミー・マンディ教授らの研究チームは、熱放射型光起電力と放射冷却の概念を応用した「夜間光電池」を開発し、2020年1月15日、アメリカ化学会(ACS)の学術雑誌「ACSフォトニクス」でその研究成果を発表した。
これによると、「夜間光電池」は、夜間に、太陽電池のおよそ4分の1に相当する1平方メートルあたり最大50ワットを発電できるという。
熱エネルギーを電力に変換するためには、物体の温度差が必要だ。太陽電池は温かい太陽光を吸収して発電する一方、「夜間光電池」では、地表の温かい熱と夜間の冷えた宇宙空間との温度差によって、不可視赤外線が宇宙空間に向けて放射され、電流と電圧が太陽電池とは逆方向に流れる仕組みだ。
マンディ教授は「『夜間光電池』には太陽電池と異なる素材を用いる必要があるが、物理学的には、『夜間光電池』も太陽電池も同じ原理だ」と説明している。

日中、太陽光で温められた地表の熱が夜放出される時に、その熱(赤外線)を利用して発電するようです。
理論的には何となくできそうな気もしますが、実使用上、どの程度の電力が得られるのか気になります。
もし、文面にある1平方メートル当たり最大50ワットというのが、安定して一定時間得られるのであれば、結構すごい技術のような気がしますが・・

「夜間光」と言っていますが、夕方の太陽光発電の落ち込みの軽減にも有用かもしれません。
気温と地表温度の差が重要そうですが、夕方でもある程度発電できれば、九電エリアなどで起きているダックカーブ現象も多少改善できるのではないでしょうか。

日中にできるだけ地面に日光を当てた方が発電量が多くなりそうですが、太陽光パネルを設置した場所は地面が日陰になってしまいます。
もし将来、この技術が実用化されたら、ソーラーシェアリングの架台のような、なるべく地面にも日光が当たるような形態が増えるかもしれません。

いずれにせよ、最終的にはコストと発電量の兼ね合いになると思いますが、今後の展開に期待します。