ワクチンパスポート導入の本当の目的は何だ?(その1)

「ワクチンさえ打てば、感染してるかどうかはお構いなし」のワクチンパスポートは何のために導入するのでしょう?

日本政府は「ワクチン・検査パッケージ」というものを導入しようとしているようです。

内閣官房 ワクチン接種が進む中における日常生活の回復に向けた特設サイト

【ワクチン・検査パッケージのイメージ】
ワクチン・検査パッケージとは、ワクチン接種歴又は検査のいずれかを確認することで、感染対策のための制限の緩和措置の対象とするものです。
1) ワクチン接種歴
ワクチン接種完了者であるか、2回接種した際の予防接種済証を用いて確認します。海外で接種した方は、当該国で発行された予防接種済証を用います。
2) 検査
検査は、PCRが推奨されますが、抗原定量検査やLAMP法も利用可能であり、これらの扱いはPCRに準じます。抗原定性検査も想定されています。
民間検査機関で受検した結果も認められます。
抗原定性検査については、国の医療機器の承認を受けた製品の結果のみが使用されます。
PCRは72時間以内、抗原定性検査は24時間以内の検査結果が有効です。
検査費用には原則、公費による支援はありません。
検査結果が陰性でも感染していないことが保証されるわけではありません。

1)ワクチン接種歴:過去にワクチンを2回接種した
2)検査:72時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査の結果が陰性だった

全く意味の違うものを同列に扱おうとしているようですが、目的を明確にする必要があると思います。

また、ワクチン接種の有効期限はどうするのでしょう?

ロイター(2021/10/5)
ファイザーのコロナワクチン、2回目から半年で効果低減=同社研究

米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの感染予防の有効性が、2回目接種時点での約90%から半年後には47%に低下するとの研究結果が4日発表された。
ファイザーと米ヘルスケア提供会社カイザー・パーマネンテは、昨年12月から今年8月にかけての電子データ約340万人分を分析。研究結果は査読前の同月にいったん発表していたが、今回は英医学誌ランセットで公表した。

 
イスラエルのワクチンパスポート(グリーンパス)は、条件を細かく規定しています。

イスラエル保健省 Green Pass Restrictions
グリーンパスの有効期限(2021/10/3時点)は、
予防接種を受けた人:
・2回又は3回目の接種日から6カ月間
PCR陽性判定後に回復証明書を受けた人:
・1回又は2回回復してワクチン未接種の人は回復後6カ月間
・回復してワクチン1回接種した人は2022/3/31まで
民間のPCR検査結果が陰性の人:
・検査後72時間

今後、イスラエルの人は4回目、5回目と一生ワクチンを打ち続けるのでしょうか?

 
そもそも、PCR検査で陰性の人は他人に感染させる可能性が低いと言えますが、ワクチンを接種した人が他人に感染させる可能性が低いかどうかは、検査しないと分からないはずです。

(参考)CDC COVID-19 (2021/7/27更新)
Interim Public Health Recommendations for Fully Vaccinated People

完全にワクチン接種された人々のための暫定的な公衆衛生勧告
Deltaバリアントの場合、完全にワクチン接種された人の一部で感染が発生します。
予備的な証拠は、デルタ変異体に感染した完全にワクチン接種された人々がウイルスを他の人に広める可能性があることを示唆しています。

新型コロナの感染を拡大させるのは、感染した人の中の一部だということは第1波の時から言われていますが、それはワクチンを接種した人も、接種してない人も、同じではないでしょうか。

ワクチンパスポートは、「ワクチンさえ打っていれば、感染していても、スーパースプレッダーでも、お構いなし」です。
「感染拡大の防止」をワクチンパスポートの目的にするのは、かなり無理があると思うのですが。

 
ワクチンを打てばある程度重症化を防げるので、「医療の負荷軽減」をワクチンパスポートの目的にするなら少しは理解できますが、それなら年齢を考慮すべきだと思います。

広島県のワクチン効果に関する調査結果があります。


第52回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(R3/9/16) 資料3-7 木下先生提出資料

中等症Ⅱ以上の割合は、
65歳未満の未接種者=6.9%
65歳以上の2回接種者=13.2%
です。

医療の負荷軽減のためにワクチンパスポートを導入するなら、高齢者限定でもいいような気がします。

社会経済活動を早く回復させる上でも、ワクチンパスポートのような活動を制限する方向のものは、必要最小限の人だけにした方がいいのではないでしょうか。

いったい、ワクチンパスポートの目的は何なのでしょう?

 
ちなみに、最近「ワクパス」という民間の接種証明アプリが盛んに宣伝されています。

メディカルチェック推進機構とICheck、ワクチン接種記録アプリ「ワクパス」の共同提供を発表

ワクパスは一般社団法人メディカルチェック推進機構が発行する、民営のワクチン接種証明となります。

一般社団法人メディカルチェック推進機構
設立:2021年1月
事業内容:国民の健康診断の受診率の向上のための活動、子宮頸がん検査の普及・啓発、感染症対策の充実

一般社団法人メディカルチェック推進機構 のホームページに役員名簿がありますが、元官僚の人がずらっと並んでいます。

何となく利権の匂いがするのは気のせいでしょうか・・

関連記事
ワクチンパスポート導入の本当の目的は何だ?(その2)
ワクチンパスポート導入の本当の目的は何だ?(その3)